【閉店】新横浜「すみれ」味噌ラーメン アツアツのまま召し上がれ!

すみれ

少し前(去年の11月)の話にはありますが、去年の11月に新横浜周辺で仕事があったので、また新横浜ラーメン博物館へ立ち寄ってきました。

f:id:calimero0655:20190114234859j:image

なお、初めて訪れたときの模様はこちら。

新横浜ラーメン博物館

新横浜ラーメン博物館 ラーメンを美味しく楽しく学べる!

今回、また訪れた理由は、2つあります。

f:id:calimero0655:20190114234649j:image

その1つが、長らく出店をしていた札幌の名店「すみれ」が2018年12月2日をもって、ラー博を卒業してしまう、ということ。

ラー博の公式情報では、これを逃すと、本店である札幌でしかこのラーメンの味を楽しめない、といったこともあって、駆け込みで食べにいってきました!

というわけで、お昼休みの時間を使って、早速ラー博へ。

f:id:calimero0655:20190114234952j:image

待ち時間を見てみると、やはり同じ考えの人もいるからか、他の店と比べて1番長い30分になっていました。
ですが、この機会は逃すまいと、すぐさま列に並び…

f:id:calimero0655:20190114234703j:image

その結果、思いのほか回転が良かったのか、20分弱で入店ができました!

感想

で、頼んだのは…

f:id:calimero0655:20190114234652j:image

もちろん、味噌ラーメン
札幌といえば、そして「すみれ」といえば、味噌ですよね~。
今回は、もう1つの理由もあって、ミニサイズでのオーダーをしてみました。
※もう1つの理由はまた別の記事で。

ちなみに、お気づきでしょうか??
アツアツで提供されたにもかかわらず、湯気がいっさい出ていませんよね。
実は、これは仕上げ油であるラードがスープの表面を覆っているからなんです!

なので、熱が逃げず、ラーメンは長時間アツアツのまま
この技だけでも、名店と言われる所以がよくわかります。

f:id:calimero0655:20190114234716j:image

まずは、そんなスープから。
スープは豚骨・魚介(にぼし)・野菜類を中心に煮込み、味噌・ニンニク・調味料等を加えて仕上げた味噌豚骨

こってり濃厚コクがあり、それでいて、味噌特有の甘い香りを堪能できる。
通常の味噌ラーメンであれば、味噌の味や風味が他のスープの味に勝ってしまうため、どうしても淡泊な味を想像してしまいがちですが、このスープはそうではなく、続けて次から次へと飲むことができる、大変やみつき要素の高い味わいとなっていましたね!

f:id:calimero0655:20190114234659j:image

続いては、
麺は、コシのある太縮れ麺

濃厚なスープの中でも存在感のある味とコシがあって、スープとの相性も抜群
また、モチモチとした弾力のある食感を楽しめるのも、とてもグッドでした!

 

最後は、トッピング
トッピングは、メンマ、ネギ、チャーシュー、もやし、玉ねぎといったラインナップ。
なお、チャーシュー・もやし・玉ねぎに関しては、スープと調味料と一緒に炒めてあるため、スープとの親和性がバツグンでした!

f:id:calimero0655:20190114234706j:image

また、この中のサイの目のチャーシューがよいんですよね。
スープ、麺と一緒にいただくことができるので、一体感があって、よりこってりとした味わいを楽しむことができました。

基本が豚骨ラーメン好きなので、この味噌ラーメンには、ほんとドハマりをしました。
12月で卒業というのが、非常に寂しいです。。

 

…と、思っていたら。

 

なんと今年の2月に、新たに横浜で店舗をオープンされたようです!

hamakore.yokohama

また、横浜で「すみれ」のラーメンが食べれるなんて!!
ですが、復活早くないですか??笑

店舗情報

“"

今年2月にオープンした新店舗の場所です。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です