東京・赤坂見附「希須林 担々麺屋」の排骨担々麺

赤坂にある「希須林 担々麺屋」で排骨担々麺なるものを食べてきました。
排骨麺と担々麺のハイブリット麺料理。

場所は、東京メトロ丸ノ内線赤坂見附駅のエレベーター口)を降りて、徒歩2分のところにあります。

なお、この日は2019年4月下旬ということもあって、赤坂では「令和元年」と書かれた旗がいたるところに掲げられていました。
もうすぐ、平成が終わりますね。




感想

まずは、スープから。
辛さは選べるので中辛にしてみましたが、自分にとってはちょうどよい辛さで、いい刺激を感じながら飲むことができました。
隣の人は同じ辛さでむせておりましたが。笑

また、胡麻ペーストによるクリーミーさが飲みやすさを演出していて、辛いながらも、スープのコクをしっかりと感じることができました。

続いて、
中太縮れ麺で、硬さは柔らかめ。スープとしっかり絡み、抜群の相性でした。

最後は、トッピング

スパイシーで、麺との絡みもよい肉味噌

シャキシャキとした食感が楽しめるもやし炒め、などありますが、やはり特筆すべきは、

1枚まるまる盛り付けられた、排骨!
豚のバラ肉を油でカラッと揚げたものを排骨(パーコー)と呼ぶのですが、衣1つ1つにサクッとした食感があり、
またカレー粉をまぶして揚げているようで、担々麺の山椒を使ったスパイシーさとはまた違ったものを楽しむことができました!

担々麺に、排骨。これはアリですね!

ごちそうさまでした!

店舗情報

その他の食べてきた記事【東京編】はこちら
www.takashinoblog.com

令和

令和

“"

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です