鳥取駅「鳥取市役所食堂」スラーメン 素うどんのラーメン版!?

鳥取市役所食堂

今回は、少し変わったところで、変わったものを。
仕事で鳥取に行く用事があったので、鳥取市役所にある食堂でスラーメンなるものを食べてきました。

f:id:calimero0655:20190407163627j:image

鳥取市役所は、JR鳥取駅から北へ徒歩20分ほど歩いた場所にあります。
ずっとまっすぐな道なので、歩きやすいですが、ランチスポットとしてはあまりに遠いので、出張など時間が決まっているのであれば、タクシーで行くのがオススメです!

ところで、スラーメンとは、なんじゃろな??というのは、後ほどご紹介します。

スラーメンが食べられる食堂ですが、鳥取市役所の2階にあります。

f:id:calimero0655:20190407163631j:image

こちらが、その食堂
市役所の方だけではなく、市民の方や他府県の方でも利用可能です。
とはいえ、なかなか入りづらい見た目。笑

f:id:calimero0655:20190407163640j:image

注文は、食券制
ですが、どんなメニューがあるかチェックをしてみると、丼ぶりにカレー、うどんにそば、と、一般の食堂とあまり代わり映えのないように見えますが、ひときわ目立っていたのが…

スラーメン 250円

ラーメンなのに、あまりに安すぎますが、今回はこれを頼みます。

感想

f:id:calimero0655:20190407163623j:image

で、こちらが、そのスラーメン

トッピングは、もやし、かまぼこ、万能ねぎといった、超シンプル構成。
天かすはうどん屋さんのようにセルフサービスだったので、好みでドッサリといれてみました。
その他、コショウもあったので、こちらもセルフでかけてみました。

f:id:calimero0655:20190407163610j:image

まず、スープから。
飲んでみると、あらびっくり、うどんダシとなっていました!
とても優しい味わいで、体中にポカポカと染み渡ります。

f:id:calimero0655:20190407163636j:image

なので、もちろんのこと、天かすとも相性はピッタリ!

f:id:calimero0655:20190407163618j:image

よくよく考えてみれば、ナルトじゃなくて、かまぼこってところにも、うどんらしさがありますね。

f:id:calimero0655:20190407163615j:image

しかしながら、はラーメン的な卵麺
縮れていて、スープとの絡みがよく、いっきにズルズルとすすっていただける心地よさはラーメンそのもの。
それでいて、うどんダシとの相性もよく、また天かすの油分とコショウのスパイシーさがよいアクセントとなって、意外にもやみつきな味わいでした。

もうここまでで、スラーメンとは何か?は、おわかりいただけたかと思いますが、
素うどんのラーメン版のことを、鳥取市ではスラーメン(素ラーメン)と呼んでいます。

ラーメンが高価で珍しかった頃、うどんダシにラーメンの麺を入れ、具も抑えて提供したのが、スラーメンの始まりだとか。
ドラマ『まんぷく』でもそういった時代背景が描写されていましたね。

ちなみに、姫路のご当地グルメとなったえきそばも、全く同じ背景で生まれたグルメでしたね。

えきそば

姫路駅「えきそば」天ぷらえきそば スープは和風なのに麺は○○麺!?

背景は同じでも、所変われば、こうした変化があるのも、グルメの面白いところかもしれません!

ごちそうさまでした!

店舗情報

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です