倉吉「ラーメン幸雅」飲んだ後の〆に最適!牛骨ラーメン

ラーメン幸雅

どーも、たかしーのです。

前回、倉吉の居酒屋「魚河岸ろばた 旬門」でひとり飲みをしてきた模様をお届けしましたが、

旬門

倉吉「旬門」驚きの食べ合わせを発見!?【ひとり飲みある記】

今回は、その飲んだ後の〆ということで、

f:id:calimero0655:20171118214237j:image

ラーメン幸雅 にやってきました!

JR倉吉駅から徒歩7分のところにあるラーメン屋さん
「魚河岸ろばた 旬門」からも近い場所にお店を構えています。

今回は、そんな「ラーメン幸雅」で、鳥取のご当地グルメ牛骨ラーメンをいただいてきたので、その模様をレポートいたします!

ところで、鳥取のご当地グルメとして、なぜ牛骨ラーメンが生まれたかというと…

諸説ありますが、戦後のお金がなかった時代、中華そばに必要な鶏ガラが有料だったのに対し、牛骨は無料だったため、経済的な理由で牛骨で出汁をとった牛骨ラーメンが生まれ、広まったんだそうです。

さて、そんな牛骨ラーメンですが、「ラーメン幸雅」ではなつ旨ラーメンとして提供されていたので、それを注文し、待っていると…

f:id:calimero0655:20171118224418j:image

うわあ、ウマそう〜〜\(^o^)/

まるでテールスープのような牛骨の香りと、カエシに使われている白しょうゆの香りが混ざり、しっかり食べて飲んだ後でも、食欲がぐぐっと湧いてくる見た目と香りがしてきました!

感想

それでは、実食!

まずは、スープからいただいてみると…

 

 

く〜ぅ、オイシイ(*´∀`*)!!

透き通ったスープながら、じっくりコトコト20時間以上かけて引き出した牛骨の旨味・風味に、白しょうゆのコクが見事にマッチしていて、水を飲むのが惜しくなるほど、コク旨なスープとなっていました!

続いて、

f:id:calimero0655:20171119100801j:image

麺は中細で、スープを持ち上げやすいよう縮れ麺となっていました!
ひとたびいただくと、ツルツルモチモチで、すすると喉を滑るように流れていきました!
また、麺の食感もすぐにプチンと切れるほど歯切れがよく飲んだ後には最適な麺だな、と思いました!

ラストは、トッピング

トッピングは、チャーシュー・メンマ・昔ながらのナルト・もやし・ネギといった、中華そばの定番メンバが勢ぞろい。

その中から、スープにたっぷりと浸して、チャーシューをいただいてみると…

 

 

やわらか、ウマー(゚д゚)!!

f:id:calimero0655:20171119102914j:image

牛骨スープとの相性もよく、脂もしつこくなくて、ペロリといただける旨いチャーシューでした!

f:id:calimero0655:20171118224418j:image

総じて、ご当地グルメとしてではなく、中華そばとしてレベルの高いラーメンだなと感じた、懐かしくも旨いラーメン

皆さんも是非、味わってみてはいかがでしょうか。

それでは!

店舗情報

 

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です