新宿西口「メンショーサンフランシスコ」A5黒毛和牛醤油らぁめん

MENSHO SAN FRANCISCO
f:id:calimero0655:20190407212515j:image

日本が誇るラーメンクリエイターとして知られる庄野智治さんが、満を持して出店したサンフランシスコ店の逆輸入店舗
MENSHO SAN FRANCISCO」へ行ってきました。

場所は、新宿駅直結のファッションビル新宿ミロード7階のレストランフロア内にあります。

f:id:calimero0655:20190407212529j:image

今回は、そこでA5黒毛和牛醤油らぁめんを実食!

お値段は、なんと1,950円でした。

果たして、そのお味は…!?

感想

f:id:calimero0655:20190407212510j:image

まず、目立つのが、このお肉ですよね。

このお肉は、その名の通り、A5ランク黒毛和牛のリブロース
丼ぶりの中が見えないほどの大きさで、ひとたびいただくと、肉なのに口の中で溶けてしまうほどの食感と、良質な脂の味わいに感動しました!

f:id:calimero0655:20190407212518j:image

スープは、牛骨とカツオで仕上げた和風テイスト
逆輸入だけど、そこにはしっかり和が取り入れられて、とても安定感のある味わい。サンフランシスコの人にもウケていたようです。

f:id:calimero0655:20190407212543j:image

また、このスープに、おろし柚子粉末醤油を少し混ぜることで、次第に味が変化
特に柚子を混ぜることで、後味がさっぱりとして、良かったですね。

f:id:calimero0655:20190407212548j:image

は、スーパーフードのキヌアが練り込まれたオリジナル麺
縮れており、スープとの絡みも良し。また、太めなので、食べごたえがありました。

f:id:calimero0655:20190407212533j:image

その後も、ちょびちょび食していたリブロースを、麺をある程度食べたあとのスープにしゃぶしゃぶして食し、

f:id:calimero0655:20190407212537j:image

ラストは、プチリゾット&ピクルスセットを頼んで、リゾットにしてから、完食!

食べる前は、少し高かったかなあ、といった印象でしたが、
実際食してみると、お値段以上の贅沢なラーメンだな、と感じました!

「MENSHO SAN FRANCISCO」では、他にも、抹茶味の鶏白湯など、他では味わえないラーメンがいただけるので、またチャレンジしてみたいと思います!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です