北新地「マンゴツリーキッチン」ダブルカオマンガイ&ガパオガイ

マンゴーツリーキッチン

タイ・バンコクに本店を構えるタイ料理レストラン“mango tree”が手がけるお店「マンゴツリーキッチン カオマンガイ」でダブルカオマンガイ&ガパオガイを食べてきました。

f:id:calimero0655:20190429105533j:image

場所は、JR大阪駅を出てすぐ、うめきた広場地下1階の飲食・食物販ゾーン『うめきたセラー』内にあります。

f:id:calimero0655:20190429105529j:image

感想

f:id:calimero0655:20190429105517j:image

今回オーダーしたのは、AM11:00~の時間限定、かつなくなり次第終了スペシャルセット
パターン選べるのですが、今回はカオマンガイ(茹で&揚げ)ガパオガイ、さらにバーミーまでついた、1番豪華なセットで頼んでみました。

ちなみに、これらの料理ですが、それぞれタイ語で、

カオマンガイ=カオ(ご飯)+マン(油)+ガイ(鶏肉)
ガパオガイ=ガパオ(ホーリーバジル)+ガイ(鶏肉)
バーミー=バーミー(中華麺)

という意味を持つので、その概要としては、

カオマンガイ鶏の油で炒めた白米を鶏のスープで炊き込み、そのご飯の上に、茹でた鶏肉のぶつ切りを乗せた料理
ガパオガイ鶏肉バジルと一緒に味付けして炒めた料理
バーミー中華麺を使った料理

となります。
なお、バーミーに関しては、守備範囲が広い料理名なので、お店ごとにラーメンのようなタイプだったりと色々違うようです。

f:id:calimero0655:20190429105513j:image

カオマンガイに使うソースは、全部で4種類あり、

ジンジャーソース(生姜、ネギ、油をあわせたソース)
タオチオソース(タイの豆板醤ソース)
シーズニングソース(タイの醤油・シーユーダムのソース)
サンバルソース(2種類の唐辛子と鶏油をあわせたソース)

といったラインナップ。各テーブルごとにおいてあります。

f:id:calimero0655:20190429105620j:image

私のオススメは、サンバルソースシーズニングソース
カオマンガイ自体の味付けがとてもさっぱりとしているので、サンバルのピリリとした辛さと、シーズニングの甘じょっぱさがとても合うように感じました。

また、目玉焼きを潰しながらいただくガパオも、ナンプラーでしか出せないであろう香ばしくもコクのある味わいで、絶品!
通常、どちらかしか選べない2つのタイ料理を、このような形でいっぺんにいただけるのは嬉しいですね!

f:id:calimero0655:20190429105526j:image

バーミーには、ジンジャーソースがオススメ。
まぜそばといった感覚で、茹で鶏とともにまぜていただきましたが、生姜のさっぱりとした風味にとてもマッチしていて、美味でした。

最後まで食べると、とてもお腹いっぱいになるセットでしたが、ソースでいろんな味変ができるので、飽きずにいただくことができました!

ごちそうさまでした!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です