はじめての箱根巡り 日帰り旅行でも定番スポットをたっぷり満喫!

はじめての箱根巡り

前回、強羅駅の豆腐カツから仙石原のローソン第3新東京市店までをご紹介しましたが、

第3新東京市

箱根登山電車で行く第3新東京市 エヴァの舞台はココにあった!

今回は、実は箱根初心者である私が、初心者なりに行っておくべき有名スポットをたくさんまわってみたので、その模様をお届けいたします!

ちなみに、ロープウェイがこの時期(11月)は17:15までしか動いていないため、お昼ぐらいに乗ってしまうと、ケツカッチンでかなりのハードスケジュールとなってしまいます。
なので、もし1日で箱根をまわる場合は、その点気をつけてまわることをオススメいたします!

f:id:calimero0655:20141127131259j:plain

それでは、まずは箱根登山ケーブルカーで強羅駅から早雲山駅へと向かいます。

早雲山駅

強羅駅からケーブルカーで10分。
早雲山駅に着きました!

f:id:calimero0655:20141127133123j:plain

早雲山駅周辺は、標高750mに位置しているので、ここから箱根の景色をパノラマ写真で撮ってみました!

f:id:calimero0655:20141127133039j:plain

お天気に恵まれたこともあり、なかなかいい写真が撮れたのではないでしょうか。
あと11月の後半に訪れたのですが、まだまだ箱根の山々は色づいているのがよくわかります。

箱根ロープウェイ

いよいよ、芦ノ湖を目指して、箱根ロープウェイに乗りこみます!

箱根ロープウェイは、早雲山から芦ノ湖のある桃源台まで運行しているロープウェイで、終点の桃源台までであれば、往復2,410円(2014年当時)で行くことができます。
しかも、途中で下車してもOK!

f:id:calimero0655:20141127133600j:plain

というわけで、買ってきました!
同じ乗車券でも、デザインが違うんですね。

f:id:calimero0655:20141127133729j:plain

ロープウェイは、こんな感じでした。
3〜4人乗りかと思っていましたが、意外とデカイ!10人ほど乗れるキャパがあります。

f:id:calimero0655:20141127134149j:plain

さあ、出発です!
ちなみに、初めてのロープウェイなのですが、揺れることがほっとんどなく、安心して乗れました。

f:id:calimero0655:20141127134410j:plain

やはり、ロープウェイからの眺めは最高ですな。

そんな箱根の山々の景色に、目を奪われていると…

f:id:calimero0655:20141127134555j:plain

もんげー∩(๑◉△◉๑)∩
前方から、突然富士山が現れました!

乗客みんなが「ワァーッ」と驚くほど、急に富士山が現れたので、これにはほんとビックリしました!

f:id:calimero0655:20141127134618j:plain

そう富士山ばかりに注目していると、地面からもくもくと煙があがっていることを発見!
山火事なんじゃないかっつーぐらい、煙があちらこちらであがっていましたが、これは火山活動による煙で、次に降りるこの大涌谷は通称「地獄谷」と呼ばれているそうです。

f:id:calimero0655:20141127134700j:plain

いかにも、温泉地って感じがします。

大涌谷駅

早雲山駅からロープウェイで8分。
大涌谷駅に到着。標高は、さらに増して、1044mだそうです。

f:id:calimero0655:20141127135213j:plain

駅をおりると、すぐさま先ほどロープウェイから見えていた大涌谷が広がります。

f:id:calimero0655:20141127135232j:plain

大涌谷といえば、有名なのが黒玉子。
なんと1つ食べると、寿命が7年伸びるそうです!!!

f:id:calimero0655:20141209111047j:plain

早速、その黒玉子が売っている大涌谷くろたまご館へ。

5個入り500円で販売していたので、売り場に並んでみると、なんと私の前の人で売り切れ…

食べれないのか…と思った、そのとき!

f:id:calimero0655:20141127140248j:plain

追加玉子キターーーー(・∀・)ーーー!!
どうやら、品切れだっただけで、玉子の入荷待ちだったようです。

結果、できたての黒玉子をゲットできました!

f:id:calimero0655:20141127140707j:plain

合計35年寿命が伸びる黒玉子を食べよう、と外へ出てみると…

f:id:calimero0655:20141127140544j:plain

もんげー∩(๑◉△◉๑)∩
また、富士山とご対面!

大涌谷には火山ガスの他にも、もんげー景色が広がっていました!

f:id:calimero0655:20141127140918j:plain

ロープウェイごしの富士山。
これに乗ってやってきたんだなー、とこの眺めを見て実感しました。

あと、天気がよくてほんとによかった!

ちなみに、あまりに富士山に夢中だったので、ここで黒玉子を食べるのを忘れていました…

retty.me

桃源台駅

ロープウェイの終了時間もせまっているので、富士山に別れをつげ、芦ノ湖へと向かいます。

f:id:calimero0655:20141127143208j:plain

桃源台駅へは、姥子駅を経由して移動しますが、乗り換えがないため、ロープウェイごとそのまま方向転換。

f:id:calimero0655:20141127143551j:plain

すると、本日のゴール地点芦ノ湖が、ようやく見えてきました!

f:id:calimero0655:20141127144553j:plain

大涌谷駅からロープウェイで16分。
桃源台駅に到着。

f:id:calimero0655:20141127144221j:plain
f:id:calimero0655:20141127144518j:plain


桃源台駅からは、箱根海賊船で箱根神社まで芦ノ湖を渡っていくことができますが、今回はお金も時間もないので、移動はここまで。

f:id:calimero0655:20141127144701j:plain

ただし、お金がないなりに、芦ノ湖はしばし楽しんでみることにしました!

芦ノ湖

芦ノ湖には、モーターボートやカヌーにのって、水面から景色を楽しむことができますが、今回は…

f:id:calimero0655:20141127152137j:plain

この白鳥ボートで、芦ノ湖探索をしてみます!
ちなみに、お値段は、30分1500円(2014年当時)でした。

f:id:calimero0655:20141127145356j:plain

ハンドルを操作しながら、ペダルをひたすらこぎます。
運転に慣れるまでなかなか大変でしたが、軌道にのるとけっこうな速さで進むことができました!

f:id:calimero0655:20141127151445j:plain

10分後。
桃源台駅があんなに小さく見えるところまで、やってきました!

帰るまではまだ時間はあるので、ここで…

f:id:calimero0655:20141127145551j:plain

黒玉子をいただきます!

f:id:calimero0655:20141127145734j:plain

殻をとってみると、中は真っ白なつるつるのゆで玉子。

f:id:calimero0655:20141127145952j:plain

味付けに、食塩をふりかけます!

f:id:calimero0655:20141127150213j:plain

普通のゆで玉子よりも、味が濃いような感じがしました。

f:id:calimero0655:20141127151314j:plain

この景色を見ながら食べる黒玉子、おいしかったです。ごちそうさまでした!

ただ、運転をとめて黒玉子を食べていると、どんどん沖に流されてしまいました…

このまま漂流したら、食料が黒玉子だけなんだろうなーと思うも、食べるたびに寿命が7年伸びるから大丈夫なんだろうなーとも思いながら、そろそろ真面目に乗り場へ漕いで戻ることに。

f:id:calimero0655:20141127150626j:plain

ものすごい勢いで、ウチに帰る白鳥ボートを発見!
時間に遅れそうなのか、バタ足がハンパなかったですwww

なんとか、私のボートも乗り場に戻ることができました。

が、その帰り道…

f:id:calimero0655:20141127144805j:plain

埋められてる。

こわれた白鳥たちは、ここで葬られてるんですね…

f:id:calimero0655:20141127152343j:plain

ボートでの芦ノ湖探索も終わり、今度は周辺をお散歩。

IMG_5024

一眼もってくればよかったなあと思うほど、素晴らしい景色でした(。゜▽゜)

さいごに

 

あまりゆっくりもせず、日帰りで箱根を巡ってきましたが、はじめてやってきたこともあり、驚きの連続でした!
ちなみに、温泉には入っていません:;(∩´﹏`∩);:

次回、箱根に来るときは温泉につかって、日頃の疲れがとれる癒し旅をしてみたいと思います!

それでは!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です