東京・西新宿「広州市場」の黒豚雲呑麺

西新宿にある「広州市場」で、黒豚雲呑麺を食べてきました。

場所は、JR新宿駅の5番出口から出て、徒歩2分のところにあります。




感想

ここのお店の雲呑ですが、サイズが大きめなこともあって、

レンゲに雲呑をのせ、お好みのタレをかけていただくのが、「広州市場」流の食べ方。

タレは【食べるラー油・塩しょうがダレ・にんにくダレ・甘味噌ダレ】の4種。

いろいろと試してみた結果、

私のオススメは、食べるラー油でした。
そもそもの雲呑の餡に、甘みと旨味がたっぷりと詰まった鹿児島県産黒豚の粗挽き肉を使っていることもあり、タレなどなくとも美味しい仕上がりなのですが、そこへ少し辛さが欲しいといったところでラー油をかけると、よりいっそう味わい深くいただけました。

あとは、タレではないのですが、黒酢をかけて食べるのも、良き。さっぱりとした味わいとなり、美味でした。

それもこれも、この主張をしないあっさりながらも、鶏と野菜の旨味を程よく感じる清湯スープがいい味をだしていて、いい仕事っぷり。

も、そうめんのように細く、まるでにゅうめんのようにさらさらと啜れる仕上がりで、美味しくいただけました。

なお、雲呑は全部で10個も入っているので、
もしいただく際は、タレや調味料を使って、自分だけの味を探してみてくださいね。

ごちそうさまでした!

店舗情報

その他の食べてきた記事【東京編】はこちら
www.takashinoblog.com

ワンタン しょうゆ味 32g×12個

ワンタン しょうゆ味 32g×12個

“"

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です