池袋「馳走麺 狸穴」濃厚魚介つけ麺 麺は全粒粉!

馳走麺 狸穴

ラーメン激戦区・池袋にある人気店「馳走麺 狸穴(まみあな)」で、濃厚魚介つけ麺を食べてきました。

f:id:calimero0655:20190407161652j:image

場所は、JR山手線池袋駅(東口)から徒歩7分のところにあります。

感想

f:id:calimero0655:20190407161645j:image

それでは、実食!

つけ麺の場合、私はまず麺から食しております。(しかも麺のみ
こうすることで、麺自体の美味しさを体感できるのでオススメです!

f:id:calimero0655:20190407161734j:image

麺は全粒粉を使用。
ちなみに、全粒粉とは、通常は取り除く、小麦の表皮(ふすま)や胚芽を含めて粉にひいた小麦粉のこと。
この粉を使うことで、見た目は少し茶色ぽっくなり、麺自体にざらついた食感がでるものの、表皮や胚芽に含まれる栄養分がプラスされるため、麺が主体のつけ麺にとっては、うれしいこだわり。

麺の固さは太麺ながらも、少し固いかなといった感じ。ただ、のど越しはつるっとしていて、ウマウマ
また、小麦の風味が強いので、このことからつけ汁の濃厚さがうかがえます。

f:id:calimero0655:20190407161853j:image

で、そのつけ汁
魚介のいい香りを漂わせつつも、少し麺をつけただけで纏わりつくほどのドロッっと感のつけ汁。
味も見た目どおりパンチが効いていて、濃厚な醤油ベースの味の中にも、少し酸味を持たせているのが、この店の特徴かなと感じました。

トッピングは見ての通りですが、特筆すべきは、やはり流行りの低温調理チャーシューでしょうか。

f:id:calimero0655:20190407161705j:image

つけ汁につけるには、勿体ないほどのレア感
食感はやわらかで、味付けは控えめ。そのため、濃厚なつけ汁とのマッチングがよく、美味しくいただくことができました。
なお、その下に隠れている鶏むねチャーシューも、同様にいい味を出していました!

ラストは、スープ割で締め。
柚子の皮をつけて、出してくれるので、後味さっぱりで、食べ終えることができました!

ごちそうさまでした!

店舗情報

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です