バイナリィランド 愛の力で鏡の迷路から脱出します #02

バイナリィランド#02
バイナリィランド#01

バイナリィランド 愛の力で鏡の迷路から脱出します #01

残り50ラウンド!今回はおまけコーナーもあります!

ラウンド50〜69

ラウンド50。

image

ここもクジラをゲットして、一気に進めていきます!

image

ラウンド50に入っても、クジラを手に入れては、敵を倒して進めていくことを心がけ、ラウンド59もクリアできました。

image

ラウンド60。

image

ここも、一気に進めていこうとしましたが…

image

クモの巣に捕まりました(´;ω;`)
操作ミスで、グリンが捕まってしまったので、マロンが助けに向かいます。

これぞ、愛の力!

image

その後も、愛の力でラウンド60以降も、クリアを続けていきます。

image

ラウンド68のボーナスステージでも、鳥にぶつかった結果、グリンが捕まり、またしてもマロンが助けにまわることに。

愛の力は偉大です!

ラウンド70〜89

残り30ラウンド。
ついに、ラウンド70まで到達しました!

image

順調にクリアするも、続くラウンド71で、いきなり火の玉がマロンをとおせんぼ。

image

こういう敵の配置が運任せなのが、このゲームの難しいところ。

image

ただ、運が味方すると、一気に進めることができます!

ラウンド77。
ここも、火の玉に追いかけられ、大ピンチ!

image

かと思いきや、火の玉を気にしすぎて、もう片方がクモに捕まりアウト。

image

2体のペンギンを、同時に気にしないといけないゆえの難しさ…

なんとかクリアして、ようやくラウンド80に到達。

image

順調に進めていき…

image

ラウンド87では、クジラが取れない場所に出てくる(クジラは一定時間たつと消えてしまう)も、

image

無事、クリアできました!

ラウンド90〜99

いよいよ、ラスト10面。
ラウンド90もクリアして、ラウンド91。

image

ここも今まで通り、クジラを使ってクリア!

image

この調子で、順調にラウンドを通過し、迎えたラウンド97。

image

クモの巣の数が少ないため、無敵の火の玉に当たらないように進めてますが、やられてしまいゲームオーバー…

コンティニューを使用しますが、ここで間違えると1からやり直しとなるため、慎重にボタンを押して、無事成功。

再び、ラウンド97にチャレンジして、ようやくクリアできました!

続くラウンド98は…

image

なんと、ボーナスステージ!

タイムアップしても全然OKなので、ラスト2面なのに、楽々クリア!

いよいよ、最終ラウンド99へ。

image

最終とはいえ、今まで何度も見たことがあるような面だったので、落ち着いて、クモの巣を7つ壊し…

image

無事、クジラを獲得!

image

そして、そのままゴール!!!
最終面でしたが、意外とあっさりクリアできました!

すると、現れたのは…

image

なんと、ラウンド1(´⊙ω⊙`)!

実は「バイナリィランド」には、エンディング画面はなく、最終面をクリアするとラウンド1に戻されるループシステムなのです。

ともあれ、ラウンド99をクリアしたので、今回はここまでで終了。

きっとグリンとマロンの愛は、永遠に続くってことなんですね…(拡大解釈)

おまけ

「バイナリィランド」には、裏ワザが存在するみたいなので、試してみることにしました!

グリンとマロンの子供が産まれる

グリンとマロンをラウンドで交差させると、子供が産まれるそうなので、やってみました!

image

グリンとマロンを同じ場所に連れてきて、行ったり来たり、交差をさせると…

image

元気な男の子が産まれました(〃ω〃)
子づくりできるゲームなんて、初めてですw

image

生後まもなく、ラウンドを縦横無尽に歩き回る子供。
クモも無敵状態ではないのに、体当たりで倒していきます!
なんてたくましい子なの!!

image

しかし、子供に気を取られすぎて、ゴール目前でタイムアップ…
子づくりしている暇があったら、さっさとゴールしたほうがよさそうなので、実用的ではない裏ワザでした。笑い

グリンとマロンの名前が変わる

1Pと2PのコントローラのAボタンとBボタンを同時に押しながら、ゲームをリセットすると、グリンとマロンの名前が変わるとのことなので、やってみると…

image

名前が、KIKUMEGUになりました!
しかも、その下にはLOVE STORYの文字が!!

前回も書きましたが、ゲームの制作者KIKUさんとMEGUさんは、当時社内恋愛中だったため、裏コマンドを実行すると、このような画面が出る仕掛けがされていたようです。

“"

裏技も含め、なんとも愛に溢れたゲームでございました。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です