福岡・小倉駅「つぼつぼ」のサバのぬか炊き定食

小倉にある「つぼつぼ」で、サバのぬか炊き定食を食べてきました。

場所は、JR小倉駅を降りてすぐ、小倉エキナカひまわりプラザ内にあります。




感想

小倉の郷土料理だという、サバのぬか炊き
ぬか炊きとは、その名の通り、サバやイワシといった青魚をぬかみそと醤油で炊き上げたもののことで、初代小倉藩の藩主主であった小笠原忠真が大のぬか好きだったことから、それが城下町に広がり、郷土料理にまで発展したとされています。

f:id:calimero0655:20190428214457j:plain

そんな歴史あるお料理を、定食で実食。
定食なので、ご飯・味噌汁の他にも、煮物、冷奴、漬物がついてきました。

サバのぬか炊きですが、ぬかで炊いた効果からか、ハシがスーッと入り、身はホロホロ骨の存在を感じないほど、やわらかでした。
また、いただくと、お醤油で煮たにもかかわらず、口あたりはとてもまろやかで、かつ山椒の香りも感じられるため、非常にさっぱりとした味わいだなと感じました。

ご飯との相性も抜群なので、漬物などに頼らずとも、あっという間にペロリ。

またひとつ、この小倉という地で、飯の文化を知ることができました!

ごちそうさまでした!

店舗情報

その他の食べてきた記事【福岡編】はこちら
www.takashinoblog.com

La-VIE(ラヴィ) マッサージボール どつぼ 3B-4709

La-VIE(ラヴィ) マッサージボール どつぼ 3B-4709

“"

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です