回転寿司「もりもり寿し」北陸の地魚と地酒を堪能【ひとり飲みある記】

もりもり寿し
おくまん

「おくまん」安い!美味い!大ボリューム!【ひとり飲みある記】

たかしーのがいろんなひとり飲みスポットを飲み歩くひとり飲みある記

今回は、以前回転寿司でのひとり飲みがなかなかよかったので、

無添 くら寿司

高コスパ「無添 くら寿司」で回転寿司飲み!【ひとり飲みある記】

場所を尼崎に変えて、こちらの店にやってきました!

f:id:calimero0655:20171230132631j:image

まわる寿し もりもり寿
あまがさきキューズモール店

JR尼崎駅北口を降りてすぐのところにある大型ショッピングセンターあまがさきキューズモールの4FQ’s dining内に店を構える回転寿司屋さん

金沢では大人気の回転寿司チェーンで、その人気の秘密は、北陸・金沢・能登から直送の新鮮なネタと、米どころ北陸のおいしい地酒

というわけで、今回は北陸の美味しい魚を肴に、北陸の地酒を味わってきたので、その模様をお届けいたします!

※記載した価格は、全て税抜価格です。

銀嶺立山

さて、そんな「もりもり寿し」で、今宵いただいた地酒はこちら!

f:id:calimero0655:20171230135219j:image
f:id:calimero0655:20171230135208j:image


銀嶺立山 (700円)

富山の地酒で、北陸最大の酒蔵である立山酒造が醸した銀嶺立山ブランドの吟醸酒

ひとたびいただくと、軽快でキレイな味わいフルーティーな香りが口いっぱいに広がって、
また、非常に飲みやすい仕上がりだったため、味と香りのバランスがとれた日本酒だなと感じました。

でもって、飲んだ後の余韻がとてもスッキリとしていたので、これからいただく北陸の海の幸との相性の良さに含みを持たせてくれる、そんなお酒とも感じることができました!

天然寒ぶり造り

そんな銀嶺立山に合わせるおつまみとして、最初に注文したのは、こちら!

f:id:calimero0655:20171230141936j:image

天然寒ぶり造り (500円)

以前、お寿司と日本酒を合わせると相性はバッチリなのですが、シャリがあるため、お腹はいっぱいになってしまうので、その教訓から今回は刺し盛りをオーダーしてみました!

にしても、この厚切りサイズ!
このボリュームで、1皿500円とはありがたいですね〜。

では、そんな寒ぶり刺しを早速、一口。

 

う〜ん、ウマ〜い(*^p^*)!!

脂がたっぷりとのっていて、トロトロ
この寒い時期は、やっぱり寒ぶりですね〜!

で、この味わいを残しつつ、銀嶺立山を一口。

 

あ〜、いいねぇ〜( ´△`)。

スッキリと脂が流れて、気持ちよく余韻を楽しむことができました!

お寿司いろいろ

さて、寒ぶりで幸せな気分になれたところで、続いてはお寿司へと向かいます。

f:id:calimero0655:20171230143313j:image

お寿司トップバッターは、
縁側 (260円)

個人的に寿司ネタでは縁側が大の好物なので、レーンに出てくるたび、すぐさまゲットしてしまいました!笑

で、ひとたびいただくと、回転寿司の寿司ネタとは思えないほど、水々しくて、噛めば噛むほど、旨味がどんどんやってくる味わい。

これまでいろんなお店で、縁側をいただいてきましたが、「もりもり寿し」の縁側は回らない寿司屋も含めて、トップ5に入るほどの美味しさでした!

 

f:id:calimero0655:20171230144248j:image

続いては、北陸の天然地魚シリーズから、
金目鯛 (380円) を実食!

通常の鯛に比べて、身の弾力が強く、噛み応えがある金目鯛。

食感はゴリゴリとしていますが、そこから金目鯛の旨味をじわじわ感じられて、こちらをいただきながら、銀嶺立山を流しこむと、またしても幸せな気分になることができました!

 

f:id:calimero0655:20171230144920j:image

次も、北陸の地魚シリーズから、白身のトロとも称される
のど黒 (470円) を炙りでいただきます!

口の中でトロける味わいと、炙ったことによる風味・香ばしさが絶妙!
これは、他の回転寿司チェーンではなかなか味わえない逸品ですね。

 

f:id:calimero0655:20171230145553j:image

続いても、北陸の地魚シリーズ
石川産白えび (330円) を実食!

甘えびよりもさらに甘さのある味わいで、口の中にいれた途端、すぐになくなってしまうほどの柔らかでトロける食感に、思わず儚さを感じてしまうほどの一品でした。

これは、わざわざ北陸まで行って食べに行きたくなるのが頷ける味わいでしたね。

そういえば、ここのお醤油

コクがあって美味しいな、と思ってみてみたら…

f:id:calimero0655:20171230150246j:image

なんとこちらも、北陸産!
金沢のヤマト醤油が使われていました。

地魚が地酒とよく合うように、お醤油も地元のモノがよく合いますね〜。

 

のど黒のあら汁

さて、いろいろと北陸の天然地魚をいただいたところで、今回の〆へと移りますー。

〆に選んだのは…

f:id:calimero0655:20171230183702j:image

のど黒のあら汁 (380円)

先ほどにぎり寿司で舌鼓を打ったのど黒のあらを使ったあら汁を〆で選んでみました!

しかも、見てくださいっ!

f:id:calimero0655:20171230184112j:image

なんと、のど黒の頭まで入っているではありませんか!

こんな贅沢なあら汁、ましてや回転寿司では見たことはありませんね。

では、アツアツのうちに、このあら汁をひとくち。

 

かぁー、これはウマイな〜(っ`∀´*)!!

実に、〆に最適な味わい
のど黒の旨味がぎゅぎゅぎゅ〜っと詰まった、心も体も温まる、そんなあら汁となっていました!

のど黒は、あらとなっても、旨味たっぷりで美味しいですね!

さいごに

というわけで、
今回は尼崎北陸の天然地魚と地酒が楽しめる回転寿司屋「もりもり寿し」をご紹介しました!

どれも回転寿司という枠を超えた新鮮なネタとお酒に、きっとアナタもハマるはず!

尼崎にお越しの際は、是非とも味わってみてはいかがでしょうか。

それでは!

北海道料理 三平

大塚「北海道料理 三平」北海道を味わえる酒場!【ひとり飲みある記】

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です