美女と野獣 あの名作アニメの感動をゲームでも味わいます #01

美女と野獣#01

今回は、「美女と野獣」をプレイします!

f:id:calimero0655:20150616101313j:image
基本情報
  • 対応機種:スーパーファミコン
  • 発売日: 1994年7月8日
  • 発売元 : ハドソン
  • 開発元 : ハドソン
  • ジャンル :アクション

あの名作アニメ映画のゲーム化作品ながら、実は難易度が高めとしても有名なこのゲーム。

果たして、クリアすることはできるのか!!?

あらすじ

森の奥にある城に、とある王子が住んでいました。

ある日の夜、1人の老女が城を訪ねては「一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしい」と頼んできました。

しかし、王子はそれを断り、老女を追い返そうとしました。

すると、その瞬間、老女は美しい魔女へと変わり、優しい心を持たない王子と召使いたち、さらには城全体にまで魔法をかけ、王子は恐ろしい野獣に、召使いたちは家財道具の姿に変えられてしまいました…

そして、魔女はどんな物をも映し出す魔法の鏡と、最初に見せた一輪のバラの花を置き、どこかへ消えていってしまったのです。

この魔法を解くため、王子はバラの花びらが全部散るまでに、人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、いけなくなってしまいました。

しかし、魔女がくれた猶予。つまり、魔法のバラの寿命は、王子の21歳の誕生日までしかありませんでした…

…というところから、ゲームが始まります。

ちなみに、アニメ映画とあらすじは同じなので、見た人ならだいたいオチはわかると思いますが。

f:id:calimero0655:20150616101624j:image

では、ゲームスタート!

第1章

時は流れてあれから10年後…
王子が21歳の誕生日になる年になってしまいました。

とある町に住んでいた発明家モーリスの娘ベルは、ある日モーリスが出かけたあと、愛馬のフィリップが父を乗せずに帰ってきたことを受け、野獣となった王子の住む深い森へと迷い込んでしまいます。

迷いに迷った末に、あの王子の住む城へとたどり着いてしまったベル。

するとそこには、父モーリスが野獣に捕らえられていました!

そこで、ベルは父の解放と引き換えに、自分が城に留まることを申し出ます。

野獣はその条件を受け入れ、ベルは城に残ることとなりました。

しかし、好奇心旺盛なベルは、次第に家財道具になった召使いとなじみ、城の中を探索して回るようになります。

それを知った野獣は、ベルにバラの存在に気づかれたくないと、必死になって城の中を探すことになりました…

ステージ1

f:id:calimero0655:20150617210213j:image

といった前置きがあってから、ここからがゲームになります!

舞台は野獣の住む城。

開始早々、目の前にベルがいたのですが、あっという間にどこかへ行ってしまいました…

それを追いかけるかのように、ロウソクにされた召使いルミエールが誘導してくれますが、付いていくと、まさかの行き止まりに…

なので、ルミエールとは違うルートへと思い、下へ降りるとクモコウモリが邪魔をして、なかなか先へ進めず、あっけなくやられてしまいます…

3、4回敵に当たると1機消滅してしまうシビアなルールに苦戦するも、なんとか先へと進んでいくと、目の前には、先ほどのあらすじにあった魔法の鏡が登場!

何が起こるのか期待しながら、鏡をとってみます。

しかし、その効果は、ステージの先がちょっとだけ見れるというもの。
なんとも、効果がショボイ…

しかも、その鏡からまだまだ長いステージ1の全貌を見せられ、絶望するも、途中にある緑の本をとって中間セーブに成功!

あとはそこから、何度かやられはしましたが先へと進み、ようやくゴール!

このゲーム難易度の高さがうかがえる、そんなステージでした…

ステージ2

f:id:calimero0655:20150617210422j:image

ステージ2は縦スクロール。

ジャンプをしながら、足場を上へ上へとのぼっていきますが、なかなかジャンプが得意ではない野獣。

操作が難しく、足場を踏めないまま、下へと落ちてしまいます。

しかし、このあと災難が!

なんと、落ちた瞬間に即死する野獣…

実はステージ2は、ただの縦スクロールではなく、
強制縦スクロール!

トゲトゲの床がステージ開始から上昇してくるため、下に落ちたら最後即死となってしまいます…

ステージ2とは思えぬ難易度。

というわけで、敵に当たるダメージ覚悟で上へとのぼっていきます!

やっとここで野獣の操作に慣れたのか、ジャンプをうまく決め、ようやくゴールへ。

果てしないベル探しは、まだまだ続きます…

ステージ3

f:id:calimero0655:20150617210644j:image

ステージ3も縦スクロール
強制ではないものの、ステージ2と比べると広大なコース。
加えて、画面左上のバラが枯れてしまうと死んでしまうという時間制限(設定がむちゃくちゃですが…)があるため、素早く上へと駆け上っていきます。

が、しかし!

途中、足場が通常のジャンプでは届かない位置にあり、どうすることもできないまま、あたふた。

そこで、野獣のアクションのひとつ…

f:id:calimero0655:20150616120121p:image

吠える」を試してみます!

すると、飛んでいたコウモリの動きがストップ!

これはもしや…と思い、コウモリの上に乗ってみると、足場に使えることを発見!

しかし、小さいコウモリを足場にステージを進んでいくため、なんとも大変な道のりとなりました…

このあとも同じような場面で、小さなコウモリを足場に進んでいく大きな野獣。

失敗すると、タイムアップの壁に阻まれ、なかなか進むことができませんでしたが、5度目のチャレンジで、ようやくゴール!

子供だったら、泣いちゃう難易度でした…

ステージ4

f:id:calimero0655:20150617210656j:image

まだまだ続く第1章。

今度は、打って変わって横スクロールに。

しかも、長いステージを往復するような構成で、このステージでも苦戦を強いられます。

「吠える」コマンドで飛び出す足場を渡って慎重に進み、もはやベル探しどころではないほど、困難な道のりをひたすら進んでいく野獣。

ここも心が折れそうになるような長いステージでしたが、なんとか突破!

しかし、ステージはまだまだ続きます…

ステージ5

f:id:calimero0655:20150617211122j:image

今度はショートコースながら、トゲのある隙間に落ちないように、慎重にジャンプをしながら、進んでいかないといけないステージ。

ふと足場にたどり着いても、ステンドガラスを突き破り登場するナイトに阻まれ、悪戦苦闘…

なので、ここはステージ2と同じく、ダメージ覚悟でジャンプに集中!

体力もなくなりそうになりながら、やっとのことで、キラキラ輝く出口にたどり着き、ようやくゴールへ。

次は、ようやく第1章の最終面です!

ステージ6

いつも違い、足場が3つだけあるステージ。

そこへ、突如現れたのは…

f:id:calimero0655:20150617211155j:image

第1章のボス・ガーゴイル

まさかのボス登場に、あたふたする野獣。

しかし、右側の足場に立ち待っていると、こちらはダメージを受けずに、相手にダメージを与えられる安全地帯を発見!

この効果もあって、これまでの通路面と比べて、いとも簡単にガーゴイルを撃破し、無事クリア!

長い長い第1章が、ようやく終わりを迎えました…

 

ガーゴイルを倒した野獣。
その目の前には、バラの前にたたずむベルの姿。

これを見た野獣。
ベルを近寄らせないため、吠えて脅してしまい、ベルは雪の降り積もる城の外へと逃げだしてしまうのでした…

そして、物語は第2章へと続きます。

真実の愛への道のりは、まだまだ遠い…

“"

To Be Continued…

美女と野獣#02

美女と野獣 あの名作アニメの感動をゲームでも味わいます #02

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です