東京・品川「せたが屋」のせたが屋らーめん

品川にある「せたが屋」でせたが屋らーめんを食べてきました。


場所は、多くの有名ラーメン店が軒を連ねる品達品川の一角。
JR線品川駅高輪口から徒歩1分のところにあります。




感想

「せたが屋」といえば、ラーメン激戦区の世田谷区環七沿い(通称”環七”)を制したことでも有名なお店。

そんな「せたが屋」の原点ともなったのが、

このせたが屋らーめん

スープは、豚骨、鶏ガラなどを10時間じっくり煮出した動物系スープと、厳選された煮干やうるめ宗田節たっぷりの魚介ダシを使用。
いただくと、濃厚ながらも、しっかりと魚介の風味が感じられて、かつクセがなく、味のバランスが良いため、スイスイと飲むことができるスープだなと感じました。

麺は、スープとの絡みを考えた中太ちぢれ麺
ずるずるずるっと気持ちよくすすることができる麺の太さと、歯ごたえのある食感は、まさに厳しいラーメン業界を乗り越えたこそのクオリティと感じました。


トッピングは、チャーシュー、四万十川あおさのり、半熟味付け玉子、なると、メンマといった豪華なラインナップ。

特に、このメンマのゴリゴリといった感じが、とても自分好みで、印象に残る味と食感でした。

ちなみに、「せたが屋」では、卓上調味料が充実していて、少し紹介すると、

ガツン汁・・・昆布や煮干、カツオ節からとった濃縮旨味かえし。
ガツンカレー・・・数種類のスパイスを使用した、せたが屋オリジナルのカレースパイス。
刻み玉ネギ

といったものが置いてありました。

いろいろ試してみましたが、オススメと思ったのは、刻み玉ネギ
シャキシャキとした食感と甘さがスープとよく合うため、麺がなくともいただける調味料(というより、トッピング)。

なお、ガツンシリーズは、使うと味の変化が大きいので、レンゲにすくったスープのみに適用することを強くオススメします。
それくらいバランスのとれた魚介豚骨スープのラーメンだと感じたので、品川駅に降り立った際は、是非とも味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

その他の食べてきた記事【東京編】はこちら
www.takashinoblog.com

“"

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です