ジッピーレース バイクでロサンゼルスからニューヨークを目指します!

ジッピーレース
f:id:calimero0655:20190601230744j:image

アイレムのファミコン初参入作品となったレースゲーム「ジッピーレース」。

基本情報
  • 対応機種:ファミリーコンピュータ
  • 発売日: 1985年7月18日
  • 発売元 : アイレム
  • 開発元 : アイレム
  • ジャンル :レース

アーケードからの移植作なので、難易度は高め
プレイヤーはバイクに乗り、ロサンゼルスからニューヨークを目指します。
今回は、そこをゴールとし、プレイをしてみることにしました!

f:id:calimero0655:20190602000007p:image:h350

それでは、ゲームスタート!

※なお、今回はretrofreakのクイックセーブ機能を使って、プレイをしています。あしからず。

ロサンゼルス~ラスベガス

f:id:calimero0655:20190602000243p:image:h350

ステージ1は、まずチェックポイントであるラスベガスを目指します。
プレイヤーは、真ん中のバイクですが、両脇には何やら怪しい車が。

そして、合図と同時にスタート!

アクセルを全開にし、フルスロットルで、道路を突っ走ります!

f:id:calimero0655:20190602001807p:image:h350

しかし、その先には、バイクをニューヨークまで行かせまいと、あおり運転の車が多数登場。
左右にハンドルをきって、振り切ろうとしますが、なかなか前に進ませてもらえず…

f:id:calimero0655:20190602002001p:image:h350

挙句の果てに、ぶつかってしまい、クラッシュ。
あいつらの目的は、いったい何なんだ…。

f:id:calimero0655:20190602002054p:image:h350

その後もカーブをしようにも、居合わせたかのように、2台のあおり運転のターゲットとなり、

f:id:calimero0655:20190602002208p:image:h350

横転をさせられるなど、もう散々。。
当初は、気分爽快なレースゲームを想像していましたが、この時点で障害物レースゲームであることを理解しました。

とはいえ、障害物レースといえば、

ロードファイター#01

ロードファイター サンフランシスコまで完走目指します! #01

以前、本ブログで、これのスポーツカー版「ロードファイター」をプレイしたこともあり、そういったドライビングテクニックは磨いたつもりなので、
気を取り直して、バイクに再び乗り込み、

f:id:calimero0655:20190602002757p:image:h350

あおり運転にへこたれることなく、前へと走行を続けていくと、ステージの終盤に差し掛かったところで、

f:id:calimero0655:20190602002906p:image:h350

なんと、プレイヤー視点が急に縦スクロールから、奥スクロールへと変化!
しかも、その先には、ラスベガスチックな『CASINO』と書かれたネオンが光っているではありませんか!?

ということは、ゴールまであと少し!

…と思ったのですが、

f:id:calimero0655:20190602003224p:image:h350

奥スクロールになっても、やはり邪魔をしてくるあおり運転の車

f:id:calimero0655:20190602003359p:image:h350

チェックポイントが見えているにもかかわらず、ここでもクラッシュをさせられましたが、
それでもひるむことなく、走っていると、

f:id:calimero0655:20190602003508p:image:h350

ようやく、チェックポイントを通過!

なお、各チェックポイントでは、

f:id:calimero0655:20190602003543p:image:h350

レースの順位に応じて、燃料が回復できるようになっていて、現時点では73位だったので、1,000ポイント分の燃料を補充することができました。
ちなみに、順位があるということは、あのあおり運転の車たちは、レースの参加者だったということなんですね。し、失礼しました。笑

ラスベガス~ヒューストン

f:id:calimero0655:20190602004243p:image:h350

次なるチェックポイントは、ヒューストン
今度は先ほどのオンロード(舗装された道)とは打って変わって、オフロード(舗装されていない道)が舞台となっていました。

とはいえ、バイクの操作感においては、オンロードと何も変わらないので、順調に車を追い抜かしながら、走行をしていたのですが、まさかのその先で…

f:id:calimero0655:20190602004624p:image:h350

川、あるんかいっΣ(゚д゚lll)!!
なんと、川の障害にぶち当たり、同じくレースをしていた車とともに、ダイブ!
なので、ここを回避するには、橋を渡るかジャンプ台からジャンプするか、の2種類であることを学習し、

f:id:calimero0655:20190602004959p:image:h350

そこからは、快調に飛ばしながら、走行。
そして、終盤に差し掛かったところで…

f:id:calimero0655:20190602005108p:image:h350

再び、奥スクロール画面へと突入!
慎重な運転を心がけ、

f:id:calimero0655:20190602005208p:image:h350

空を飛ぶスーパーマンの存在に気づくほどの余裕も持ちながら、第2のチェックポイントも通過をしました!

f:id:calimero0655:20190602005355p:image:h350

なお、順位は65位までアップしたので、回復できる燃料は1,200ポイント分
半分よりちょい上の燃料ゲージ状態で、次のステージに挑みます!

ヒューストン~セントルイス

f:id:calimero0655:20190602095458p:image:h350

ステージ3は、ステージ1の焼き直し

f:id:calimero0655:20190602095536p:image:h350

再びオンロードとなったルートを軽快に走り、終盤の奥スクロール画面へ。

f:id:calimero0655:20190602095652p:image:h350

2度目のスーパーマン登場も、ばっちし確認をして、

f:id:calimero0655:20190602095918p:image:h350

そのまま、チェックポイントのセントルイスを通過!
順位を57位にあげ、1,400ポイント分の燃料をゲットし、回復。
だんだんと燃料が不足してきていたので、これは助かりました!

セントルイス~シカゴ

f:id:calimero0655:20190602100214p:image:h350

続くステージ4は、ステージ2の焼き直し

f:id:calimero0655:20190602100243p:image:h350

またしても、川の障害にやきもきさせられましたが、
てか、2台車が沈んでいる。。

f:id:calimero0655:20190602100337p:image:h350

1度走行したルート(ゲーム上はしていないけど。笑)ということもあり、快調に飛ばして、
スーパーマンには、もう触れません。笑

f:id:calimero0655:20190602100423p:image:h350

第4のチェックポイントであるシカゴを通過!

f:id:calimero0655:20190602100620p:image:h350

順位を50位にまたあげたので、1,600ポイント分の燃料をゲットし、いよいよ最終ステージへ。

シカゴ~ニューヨーク

f:id:calimero0655:20190602100633p:image:h350

最終ステージは、またしてもステージ1の焼き直し。
これで良いのか!?ジッピーレース!!!
まあ、当時のソフト容量の不足問題もあるかと思うので、これは致し方ないですかね。。

f:id:calimero0655:20190602100835p:image:h350

というわけで、特に苦戦をすることもなく、ここも快調に飛ばし、

f:id:calimero0655:20190602100909p:image:h350

終盤の奥スクロールも、ウイニングランのように、突っ走ってから、フィニッシュ!!

f:id:calimero0655:20190602101023p:image:h350

最終順位は、99位中41位
最終スコアは、37,500ポイントという結果となりました!

これがよいのか、悪いのかは、正直わかりません!笑

おまけ

2周目以降のジッピーレース

「ジッピーレース」ですが、エンディング画面は存在しないので、1周目クリア後に、すぐさま2周目がスタート!

f:id:calimero0655:20190602101408p:image:h350

2周目になると、プレイヤーのライダースーツの色が変化。(2周目は
さらには、排気量が250ccから500ccに上がったことで、

f:id:calimero0655:20190602101621p:image:h350

バイクのスピードがアップ!

f:id:calimero0655:20190602101655p:image:h350

ただ、チェックポイントは1周目と変わらずなので、燃料をいかに切らさずに、何周できるかが、2周目以降の楽しみ方となります。

ジッピーレースの走行ルート

実際のアメリカの地名が登場する「ジッピーレース」。
GoogleMapでマッピングをしてみると、こんな感じになりました。

ちなみに、単純計算をすると、
走行距離は、なんと5,793キロ!

地図に起こしてみると、実にとんでもないレースでしたね。笑

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です